FC2ブログ

記事一覧

SE運営の日常15 修学旅行の夜みたいなことをした話

T: で、今日は何?なんで俺ここにいるの?

A: よくぞ聞いてくれました。今日は!2人でできるゲームをやり尽くすの会です!!

T: ……とりあえず、は?

A: 修学旅行とか宿泊学習とかの夜の宿舎でのあの感じをやりたくてですね!スマホは…まぁ持って行ってたけど……使えないとして、使用するのは口と頭とトランプです!

T: 耳は?

A: あー、耳もね

T: もうちょいプレゼンしてよ

A: このゲームやり尽くす会では、チョコ食べ放題!紅茶飲み放題!私が入れてあげるよ!

T: うん、まぁ嬉しいけど、それ喜ぶのはアランの方だよねw

A: ご明察!チョコと紅茶が大好き、アラン校長です!

T: そういや、アランにもらったティーハニーまだ使ってないや

A: えぇー!!使って!あれほんと美味しいから!紅茶に入れるも良し、パンに塗るも良し

T: コーヒー

A: は入れたらどうなるか知らん、ごめん

T: ってか、楽しそうだね

A: もちろん!だって、修学旅行の夜だからね!

T: 昼だけどな

A: さて、じゃあ、バトルラインしよう!

T: 聞いてねぇな…。バトルラインって…あー、ボドゲカフェでやったやつか!まさか、カードあるの!?

A: ない

T: おいw

A: トランプでできるかどうかを試す

T: なるほど、そういうの好き

A: とりあえず戦略カードなしでやろうか

T: ってことは、戦略カードあるの!?

A: ない

T: おいw だから

A: 戦略カードはないけど、大富豪の5スキップ、7わたし、10捨て みたいにカードに戦略を付加すればいい

T: なるほど?で、それを暗記しろと?

A: 当然

T: 簡単に言うな〜

A: 君の頭脳を持ってすれば余裕だ

T: まぁいいや。あれはあるの?赤いフラッグ

A: あー……ないね。マステで作るか

T: 急に女子感w

A: (マスキングテープを伸ばして切ってテスプレに渡す)

T: あ、俺もやるのね、はーい

A: 働かざるもの遊ぶべからず

T: はいはい


〈1戦目 開始〉
T: 強さ忘れた

A: 13が一番強い

T: 違うw

A: あー、役の強さね?

T: ストレートフラッシュが一番なのはわかる。次はストレート?

A: かなー?で、次はスリーカード?

T: で、フラッシュか。

A: あとはワンペアとブタ

T: おっけー。13持ってんの!?強くね?

A: たまたまだよ

T: 俺は大富豪したら弱い手札だな〜

A: それってつまり強いんじゃないの?

(中略)

T: これってほんとにストレートフラッシュ→ストレート→スリーカードなの?

A: うん、ちょっと思ってた、それ

T: スリーカードの方が珍しくない!?

A: そう思うw でも、今変えたら意味わからんくなるから、次から逆にしよう

T: あぁー、もう。無駄にストレートが強いのやめてほしい

A: ねぇねぇ、このレーン、私の勝ちでいいよね?

T: ジョーカーあるからまだ分からない

A: あー。じゃあ、このレーンは…

T: ジョーカー

A: あぁ…。はい。なんでもないでーす。

T: はーい。

A: あ、カードなくなった

T: え!?

A: 3×9×2(3枚ずつ9レーン×2人)……54

T: トランプだとぴったりなのか!!

A: やっぱあれだねー

T: あれだねー

A: あれって何か分かってるのか?

T: もちろん、あれだねー

A: やっぱあれだね、それ専用のカードを使わないとこういうことが起きるよね。

T: 足りなくはないからギリオッケー

A: ってことは、だ。今持ってるカードで残りの役をいかにせん!ってことだ

T: あ、詰んだ

A: ほぼフラッシュしか作りようがない

T: ブタばっかりだ

result→Alan win


T: もっかい!!!

A: 乗ってきたねぇ

T: ストレートフラッシュ→スリーカード→ストレート→フラッシュ→ワンペア→ブタね?

A: うん、そうしよう

T: 次は勝つ!

A: 1, 2, 3…

T: 5, 7, 9…

A: ねぇ、それ、やめて?

T: え?人が数を数えてたら、これやるのは定石でしょ?

A: こいつw で、何枚だっけ?

T: ほんとに分かんなくなってのかよ。バカだなw

A: うるさい!!喋るからだ!!あーー

T: じゃ、勝った人からどうぞ


〈二戦目 開始〉
A: 先攻が有利なの?

T: 知らん。なの?

A: 知らん

T: ダメダメだな。お、すげーじゃん(アランのゾーンにて、KQのハートが揃う)J持ってんの?

A: さぁ?(持ってない)

T: ジョーカー持ってんのか

A: いや、ない。待つ。(持ってる)

T: Qって他に持ってる?

A: うん………あ…。

T: へぇー、あるんだ

A: あのさー、ぬるっと聞くのやめて?

T: 答える方がバカ

A: きらーい、きらーい

T: ばーかばーか

A: 小学生かよ!
T: 小学生だなw

T: じゃあ、10って持ってる?

A: あるよ(持ってない)

T: へぇ、ありがと

A: んー、私も聞きたい。7ある?

T: さぁ?

A: ずるくない?

T: ずるくないわ

A: テスプレは絶対自分の情報くれなさそう

T: 当たり前だろ。ってか、ジョーカー持ってるな?

A: うん、最初から手札にあった

T: まじかよ、演技怖い

A: というわけで、これ、ストレートフラッシュJQKで勝ちね

T: 持って行くがいいさ。代わりにここは俺の勝ちね

A: ぬぁー!!なんで持ってる!?

T: で、ここも俺の勝ち

A: うーん、どうしようかな

T: アランちゃん、何言ってるのかな?

A: 何が?

T: ワン、ツー、スリー。揃ったので俺の勝ち!

result→Testplay win

A: あーー!見てなかったー!!うーーー

T: やっぱ気付いてなかったのね。散漫だぞ。

A: うーーー、もっかい!!!

T: 良かろう

A: 次は戦略カード付きね

T: 戦略カード買ったの?

A: この話、2回目。ないです、だからカードそのものに戦略を付加。

T: あー、ごめん

A: 10捨て はいかが?

T: 10を使うときに一枚捨てれるってことね?

A: そう。だからそのターンは2枚引ける、カードを回せる

T: なるほど、あり。でも、10全部は多すぎる

A: じゃあ、スペードの10

T: おけ

A: あとはスペ3

T: 何の戦略カード?

A: んー、そうね

T: じゃあ、これは?スペ3を山札から引いたら、引き直すか、スペ3をそのまま手札に加えるか選べる

A: 良いと思う

T: 引き直す場合は山札の適当なところに戻す

A: おけ。あとは脱走カード欲しい。

T: とは?

A: 既に盤面に出ている相手のカードを1枚選んで場外に出せる。つまり相手がせっせと作っていた役を壊すカード

T: いいね。どれに付加する?

A: 2がいい!

T: 何で?

A: 誕生日

T: あー、はいはい。スペードの2ね

A: さて、覚えました?

T: 余裕

A: さすが


〈3戦目 開始〉
A: カードがない、やることがない

T: それな。レーン増やしてばかりだ

A: やることないから、こうしとこう

T: は?強くね?それ残りもあるの?

A: ない、待機(ある)

T: 戦略カード出ないね。もしかして既に持ってる?

A: スペードの2,3,10でしょ?来ないねぇ(スペ2持ってる)

T: スペ2が怖いんだよなぁ

A: そうそう、役透けてると飛ばされるからね

(中略)

A: スペ2使いまーす。ハートのQバイバイ。ブタになれ。

T: いつから持ってた?

A: 最初から

T: ほんと信用ならないなw

A: 気分がいい

T: くそー

チックタック、チックタック

result→Testplay4勝/ Alan2勝 / 引き分け1


✎︎____________
なんだかんだでテスプレに敵わない校長である。テスプレは順応が早いので、回数を重ねると校長は勝てなくなる。



A: よし、次〜!!ダウトでもする?

T: ダウトって2人でできるの?

A: 幻の3人目を作り出したらできる

T: 幻の3人目、誰がやるの?

A: 幻だから誰もやらない。カードを配って置いておくだけ。そうすれば2人でやってもお互いのカードはしばらく透けない。

T: なるほど、頭いいな

A: 2人でやるなって話ではありますけどね

T: それはそうだ

A: でもやります。はい、配ります。


〈ダウト 開始〉
T: え、なんか数えてる、怖い怖い

A: 数えなきゃ勝てないからね

T: どういうこと?

A: 例えば、4人でやってたとする。自分が上がりたいターンの時に4nが回ってくるのか、4n+1が回ってくるのか、4n+2が回ってくるのかを数えておくの。4n+2のターンで勝ちたいなら、他のカードはバレないように混ぜて出して、4n+2のカードを確実に残すようにする。で、そのターンは危険を避けて自分はダウトを言わない。

T: …ダウトってそんなゲームなの…。ダウト!うぇーい!じゃなくて?

A: うぇーい、ってしたい奴らはしとけばいいさ。私は勝つぞ。

T: ガチ勢、いやーん

A: というわけなので、2人でやるなら奇数が回ってくるのか、偶数が回ってくるのかを数える

(中略)
T: なな〜

A: ダウト!

T: うん、ダウトだよ

A: いや、あっさりかよ

T: いいんだよ

A: 7持ってるな?ってか、7は一枚しか存在しない

T: うん、たぶんね

A: だから私に7を回さないように絶対に盤面に出さないんだね?

T: 当たり前じゃないか

A: だいたい枚数は把握した。1,2枚しか存在してないカードもある

T: だね。1枚しかないやつはお互いに渡さないように自主規制かけてる

A: ダウトってこういうゲームだっけ!?

T: 絶対違う。2人でやるから悪いんだよ

A: 7が絶対回ってこないとして、どうやって勝つか…

T: ジョーカー1枚入れたけど、たぶん幻の3人目のところにあるんだろうな

A: 全然出回ってないもんね(ジョーカー持ってる) はい、13

T: ダウト!

A: ダウトじゃないよ?

T: うん、知ってる。カード補充のため。

A: ダウトってカード補充するための言葉だっけ?こんなゲームだっけ!?

T: おかしくなってる

(中略)

T: ダウト!

A: ダウトじゃないよ、はいあげる

T: ん!?ジョーカー入ってる!?

A: ずっと持ってた

T: またやったな

A: まぁそれはさておき、ジョーカーを使ったということは?

T: 俺、負けるのか

A: ザッツライト!もう勝ち筋が見えて、必要無くなったからジョーカーを使いました。

T: あー、負けたー

result→Alan win


T: もう一回……はしたくないので、神経衰弱でもやろうぜ

A: おっ!いいよ!いいよ!!

T: なんかキラキラしてる

A: 百人一首も準備しといたらよかったなぁ

T: 誰が読むの?

A: CDあるよ

T: まじで言ってる?ってか、アラン持ちのCDなら俺負けるよ?

A: あー、大丈夫。順番はシャッフルできる

T: いや、そもそも無理だわ

A: 百人一首くらい覚えてるでしょ?

T: 「なげき・いか」みたいな感じでなら覚えてる

A: 「たき・なこ」とか「むらさ・き」とか?

T: そう、決まり字は分かる

A: 決まり字知らない。でも普通に全文覚えてる

T: は?

A: 中学の宿題であったじゃん

T: アラン、記憶系強すぎる

A: という話はさておき、そんな私に神経衰弱を挑むのかい?

T: なおさら挑むでしょ


〈神経衰弱 開始〉
AT: じゃんけんぽん!(アラン負け)

A: はい、じゃ、どうぞ

T: いや待て待て。負けた人からでしょ

A: あ、そうか。うん、これはそうだな。8,10。8が先〜、10は後〜。

T: 2, 9

A: 2〜、9〜

T: 8…あ、これか。9、よしよし。

A: お、やばい予感。テスプレが弱いわけなかった…まずいな

T: 3…はないな。5、はい。

A: サンゴ〜。10…10は後〜だからここ。

T: おぉ

A: 3…サンゴ〜、この辺!

(中略)

A: これさー、一回出たやつ引いた人はほぼ確実に掻っ攫って行くよね?強すぎん?

T: 強すぎん?

A: あ、やばいぞ、これは(恐らく最後と思われるタイミングでテスプレのターン)

T: ろく〜、ろく。なな〜、なな。はい、はい。ほい。はい。おわり



result→Testplay 14組/Alan 13組

A: 負けたー!!人に初めて負けた!!

T: いぇーい

A: 一回出たやつはほぼ取れるような人とやるとこうなるのか。すごい!感動!

T: ……光栄です?

A: いや〜、やっぱさすがだ!!うちのブレイン、素敵!

T: 俺、ブレインなの?

A: SEのブレインだよ

T: 初耳w

A: よし!次!スピードしよ!!

T: いいね!


〈スピード 一戦目〉
T: スピード!
A: いっせーのーで!

T: 待って、待って
A: ちょっと待って

T: 掛け声、揃えよ

A: それな

T: いっせーのーで! ださくない?

A: ……スピード、で揃えます、はい。


result→1枚差でAlanの勝ち

A: すごい!すごい!これまた感動だ

T: なかなかいい勝負したね


〈スピード 2戦目〉
result→1枚差でAlanの勝ち

〈スピード 3戦目〉
result→1枚差でTestplayの勝ち


A: おぉー、テンション上がる!

T: 互角も互角だ

A: 相手のカード見ながら出せないように出してくるあたり好きよ

T: お互い良い性格してんな

A: このくらい本気の方が楽しい。さてさて、ネクスト!ハウアバウトアキネーター?

T: アキネーターってあれ?当てるやつ?

A: そう!人間にも当然できるでしょう。ジャンル: 人 でやろう!


〈アキネーター 人〉
T: じゃ、どうぞ

A: 男性ですか?

T: いいえ。男性ですか?

A: はい。テレビに出てますか?

T: いいえ。あなたは会ったことありますか?

A: はい。あなたと私が会ったことありますか?

T: はい。……まさか同じことしてる?

A: そんな気はしていた

T: 内輪ネタですか?

A: …はい。一緒に旅行したことありますか?

T: はい。親と同世代ですか?

A: はい。〇〇ですか?

T: いいえ。

A: うっ、外した

T: あなたのお父さんですか?

A: ………

T: いや分かりやすいかよ

A: はい。うーー、まーけーたー!

T: Keep going!

A: △△ですか?

T: いいえ

A: あと一人だ。全員外したぁ。◻︎◻︎ですね?

T: はい。

A: はぁ……

T: これ好き!もっかい!

A: じゃあ、ジャンル出して

T: 食べもの

A: おけ


〈アキネーター 食べ物〉
A: では、どうぞ

T: 洋食ですか?

A: いいえ。メインディッシュですか?

T: いいえ。和食ですか?

A: はい。サイドディッシュですか?

T: そうでもない。最近食べましたか。

A: …はい。飲み物ですか?

T: 部分的にそう。

A: 部分的?スープか?

T: 最近、一緒に食べましたか。

A: ………はい。

T: 聞かれたら終わりなのに、なんでそれにしたw

A: 人の記憶ってのは思いつくものに影響を及ぼしてくるんだよ

T: それはそうだけど

A: フカヒレスープですか?

T: 急に絞ってくるな、いいえ。カツ丼ですか?

A: いいえ。

T: あ、そこはそっちじゃないんだ。なるほど。

A: 和洋中の中ですか?

T: 部分的にそう。

A: また部分的?分からん。

T: 味噌汁ですか?

A: はい。もう、きらーい、きらーい。

T: 分かり易すぎる

A: で、何だ?何か具の入ったスープか飲み物。んー、私は好きそうですか?

T: えー、知らん。

A: ダメ

T: いやだって、まぁ、嫌いではなさそう。

A: 中に近い、具の入った何か、私が好きそうかも……。んー、甘い系ですか?

T: はい。

A: あら、スープじゃない。中華っぽくて、具が入ってて

T: 具というか、まぁ固形?

A: 中華っぽくて、固形が入ってて、甘くて、私が好きそうで……はっ!!!!

T: たぶん合ってるな

A: タピオカ!タピオカミルクティですか?

T: はい。正解!

A: なるほどー!なるほどー!!うん、好きだね。Amazonで乾燥タピオカ買おうかと考えたくらいには好きだね。

T: けっこう好きだったのか

A: バジルシードを紅茶に入れるのハマって、なんかつぶつぶ入ってるのが好きになった。でも、あれだな。タピオカアイスとかタピオカプリンは、お前何してんの?バカなの?って感じ

T: それは分かる。何にでも乗せとけばいいってわけではない。

A: そこにいるべきではないぞ、君。って感じ

T: アランってJK感ないよね

A: JKではないからね、実際

T: おっさん?

A: は?

T: おっさん?

A: は?

T: 次何する?

A: おいw まぁ、じゃあ、動物


〈アキネーター 動物〉
A: 動物ってあれね、犬はダメね。犬ならシェットランドシープドッグくらいまで落とすこと。

T: なるほど。猫とか馬もダメと。

A: いえす

T: おっけー

A: じゃあ、猫より大きいですか?

T: はい。飼育可能ですか?

A: はい。トラより小さいですか?

T: ちょっと待って。(ググる)はい。哺乳類ですか?

A: はい。胎生ですか?

T: それは哺乳類とは違うの?

A: ほぼ同じだけど、狭間のやつらを含めたくて

T: つまり赤ちゃんがそのまま出てくるかってことね?

A: そう

T: じゃあ、はい。原産は北欧ですか?

A: いいえ。たぶん、いいえ。海にいますか?

T: いいえ。原産はイギリスですか?

A: はい。人と仲良くできそうですか?

T: 部分的にそう。犬ですか?

A: ……はい。ヨーロッパ原産ですか?

T: いいえ。名前に地名がつきますか?

A: えーと、はい。アメリカ原産ですか?

T: いいえ。小型犬ですか?

A: そんなイメージはないな。たぶんノー。オーストラリア原産ですか?

T: いいえ。

A: あれ〜。

T: ミニチュアの亜種がいますか?

A: いないと思う。聞いたことない。モンゴル原産ですか?

T: いいえ。

A: あぁー、どこなのー?

T: 短毛ですか?

A: いいえ。アフリカですか?

T: いいえ。

A: 外しまくってるな。どうしよう。

T: テリア系ですか?

A: いいえ。日本ですか?

T: いいえ。シープドッグですか?

A: ………。

T: あれ、どうしましたー?

A: はい。もう!はやい!!

T: これ飼えるんだ!

A: シェットランドシープドッグ、おばあちゃんが飼ってた。シェルティ一番好き。かわいい。

T: そうなんだ

A: で、ちなみに、最初に落とし所の例として挙げたので、そのまま答えに採用しました。

T: 言ってたっけ!?あんまり気にしてなかった

A: えぇー、伏線回収したのに。さてさて、当てなきゃ。アジアですか?

T: はい。

A: アジア〜、中国ですか?

T: はい。

A: あっ!あっ!!!!パンダ!!

T: パンダはあれでしょ?犬とか猫と一緒でしょ?

A: あーーー、ジャイアントパンダですか?

T: はい。

A: パンダか〜!たしかにトラとネコの間。人と仲良くできそう、飼育員さんとか。なるほど〜。

T: さて、次は?

A: カウント20!

T: あー、えっとどんなやつだっけ?

A: 1,2,3…4,5…6,7,8みたいなやつ

T: 20言ったら負け?

A: 負け

T: やってみよー

(中略)

A: 14, 15

T: 16, 17……あ、これ負けるやつ

A: 18, 19

T: 20。あー、なるほど、15言った人が勝つのか

A: 順応早くない?

T: もっかい

A: 絶対負けるやつ〜

result→Alan lose


T: 小学校の頃によくやってたんだけどさ、英単語作るやついかが?

A: ピンと来てない。なんだそれ?

T: 順番にアルファベットを言っていき、英単語になるときの最後のアルファベット言った人が負け。例えば、e→n→i→g→m→a ならaを言った人が負け

A: enigmaticもあるけど?

T: 他に続きがあったとしてもenigmaで既に単語ができているからそれ以上はダメ

A: なるほど

T: enigmまで来た時点で次の人は自分が負けるのが分かってしまうわけだけど、苦し紛れにenigmxとかにするのはダメ。こういうことを相手がした場合はcheckって告げて、本当にenigmxに続く単語が存在するかを確認することができる。で、相手がそれに答えられなかったらcheck成功、相手の負け

A: へぇー!面白い!!

T: じゃあ、h

A: ho

T: hol

A: hols(holsterで勝てると思っている)

T: holst

A: holste

T: holstei

A: ん!?あっ!!!まじか……あーー

T: どうしました?

A: 負けたじゃん。holstein

T: holsterを狙ってたな?

A: まさかholsteinがあるとは

T: じゃあ、先手どうぞ

A: s

T: si

A: siね〜、いっぱい候補あるなぁ。sig(signを狙っている)

T: あー、それまずい。えーと、えーと、sigm(sigmaを狙っている)

A: なーるほどねぇ?sigmo(苦し紛れにsigmoidへ経路変更)

T: o!?えー、分からん。降参。check

A: sigmoid

T: しぐもいど…?

A: サインカーブ的な、S状 みたいな意味の

T: へぇー、知らんかった

A: じゃあ、次どうぞ

T: p

A: pa

T: pas

A: あっ……待って、それ上手いんじゃ?(pastダメ、passもダメ)あーー、思いつかない…past

T: はい、ダメ〜!

A: ねぇ、これってさ、小学生の時にやってんたんでしょ?もっとこう、a! b!みたいに気楽にやるもんじゃないの?

T: うん、たぶんね

A: 文字数数えてさ、相手を打ち負かせるようなアルファベットを選び抜く感じは可愛げがないね

T: こんなにガチでやるもんじゃない

A: ほんとそれな

T: 色々やりすぎて頭疲れた

A: 疲れたぁ。ちょっとコーヒーブレイクしようか、あ、紅茶だけど

T: 賛成


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント